光学ヤケ落し

光学ヤケ落しのイメージ

光学ヤケ落し剤 STS-05

光学洗浄剤STS-30 研磨後の研磨剤の除去や研磨ヤケの除去、
蒸着前での各ヤケの除去に使用する洗浄剤です。
STS−05を使用し、温度は20〜60℃で超音波使用
が効果的です。 キズの出やすいレンズの洗浄は
希釈して使用します。 濃度は原液〜25%程度で、
持ち出した分の補充で水分管理(比重管理)が
必要です。 粘土が低いため使用量が少なくなります。
洗浄後は水洗が2槽以上必要です。 コート蒸着後
の洗浄は出来ません。
STS-05の特徴と使用方法
  • 各種蒸着膜の剥離が出来ます。
  • 使用温度は20〜80℃です。
  • キズの出やすいレンズは常温にて使用します。(1日〜3日)
  • 各蒸着物により剥離時間や温度が変わります。
  • 蒸着治具の剥離も可能です。

ヤケ落とし洗浄工程

STS05の洗浄工程
上記の工程で、前3槽はヤケ落とし工程で、平面、レンズ、プリズム等により洗浄温度や
洗浄時間が変わります。 特に、蒸着後のヤケ(研磨材の残り、紙ヤケ等)の発生を少なくなります。
研磨後の洗浄では目に見えない研磨剤やヤケを除去可能です。 STS−30は洗浄時間により変わり
1分タクトであれば2槽必要となります。 キズの入りやすいレンズは5%希釈し洗浄下さい。
乾燥工程は純水、IPA、代替フロン、スピン乾燥など各社の工程で、問題ございません。

光学ヤケ落し剤 STS-05

光学洗浄剤STS-30 研磨後の研磨剤の除去や研磨ヤケの除去、
蒸着前での各ヤケの除去に使用する洗浄剤です。
STS−05を使用し、温度は20〜60℃で超音波使用
が効果的です。 キズの出やすいレンズの洗浄は
希釈して使用します。 濃度は原液〜25%程度で、
持ち出した分の補充で水分管理(比重管理)が
必要です。 粘土が低いため使用量が少なくなります。
洗浄後は水洗が2槽以上必要です。 コート蒸着後
の洗浄は出来ません。
STS-06の特徴と使用方法
  • 各種蒸着膜の剥離が出来ます。
  • 使用温度は20〜80℃です。
  • キズの出やすいレンズは常温にて使用します。(1日〜3日)
  • 各蒸着物により剥離時間や温度が変わります。
  • 蒸着治具の剥離も可能です。

ヤケ落とし洗浄工程

STS06の洗浄工程
上記の工程で、前3槽はヤケ落とし工程で、平面、レンズ、プリズム等により洗浄温度や
洗浄時間が変わります。 特に、蒸着後のヤケ(研磨材の残り、紙ヤケ等)の発生を少なくなります。
研磨後の洗浄では目に見えない研磨剤やヤケを除去可能です。 STS−30は洗浄時間により変わり
1分タクトであれば2槽必要となります。 キズの入りやすいレンズは5%希釈し洗浄下さい。
乾燥工程は純水、IPA、代替フロン、スピン乾燥など各社の工程で、問題ございません。

お問い合わせ電話番号 046-260-0891 お問い合わせフォームへ


このページのトップに戻る